JARIJARI

THE ORIGIN OF THE NAME

子供って意味もなく興味を持つものがありませんか!?
雨上がりの水たまり。必ず踏む。
どこかの家の壁の穴。覗く。たまに何か入れる。
砂利道を歩く。ジャリジャリ♪

これから長い子どもたちの人生。
砂利道を歩くように転ばないように気をつけながら、
勇気を持って、足元の小さな音を聞きながら
楽しんで歩いていって欲しい。

そんな想いで名付けました。

JARIJARIに込めた想い

私たちは考えます
モノは愛着を持たなければ使い続けられません

愛着。着るものを愛するとは?

そこに自らの個性や歴史、時間などさまざまなものを共有し刻んでいくことだと考えます

また、子供は親や友達を介し成長していきます
でも、人だけではなく子供は自然や周りにあるモノからも大きな教えを受けます

JARIJARIはモノを介して成長を紡ぎ手助けをしていくブランドです

愛着【慣れ親しんでいる人や物にひかれ、はなれがたく感じること。】 (大辞林)

pagetop